近畿化学協会

触媒・表面部会

触媒・表面部会について

Division of Catalytic and Surface Chemistry

部会長 山下 弘巳(大阪大学大学院工学研究科)
部会員数 部会員数 148名、法人会員 12社

>>触媒・表面部会要綱

最新情報

例会・セミナー案内 (例会へのご参加は部会員に限らせて頂いておりますので、予めご了承下さい)

入門触媒科学セミナー
平成30年10月15日(月), 16日(火) 大阪科学技術センター4階 405号室

OKCAT2018 (Osaka-Kansai International Symposium on Catalysis)
平成30年10月26日(金), 27日(金) 関西大学 尚文館1階 マルチメディアAV大教室

ナノ材料の表面分析講習
平成30年11月15日(木), 16日(金) 関西大学第4学舎3号館4階3401教室

第2回キャタリストクラブ例会
平成31年1月11日(金) 大阪大学中之島センター7階 講義室702


= 平成30年度事業企画 =

「入門触媒科学セミナー」 ~一般参加歓迎~

【PDF版プログラム】

主催 近畿化学協会触媒・表面部会
協賛 近畿化学協会、触媒学会、日本化学会近畿支部、化学工学会関西支部、有機合成化学協会関西支部、日本分析化学会近畿支部
日時 平成30年10月15日(月) - 16日(火)
会場 大阪科学技術センター 4階 405号室
(〒550-0004大阪市西区靱本町1-8-4 TEL:06-6443-5324)
<交通>地下鉄四つ橋線「本町」駅25・28番出口を北へ約5分
または同御堂筋線「本町」駅2番出口を西北へ約10分(うつぼ公園北詰)

【講演会】

演題および講師 □1日目 (10月15日)
1. 開会挨拶 (10:00-10:05)
 大阪府立大学大学院工学研究科 教授 松岡 雅也 氏
2. 触媒科学の基本概念-これだけは知っておこう- (10:05-11:50)
 関西大学環境都市工学部 教授 三宅 孝典 氏
3.固体表面の酸・塩基点とその触媒機能 (13:15-15:00)
 徳島大学大学院社会産業理工学研究部 准教授 山本  孝 氏
4. 金属酸化物触媒-多様な触媒機能の宝庫- (15:15-17:00)
 京都大学大学院工学研究科 准教授 寺村 謙太郎 氏
懇親会 (17:00-18:30) (同 センター 地下B102号室)

□2日目 (10月16日)
5.錯体の触媒作用-遷移金属錯体の基礎と有機合成反応における利用- (10:00-11:45)
 関西大学化学生命工学部 教授 大洞 康嗣 氏
6.金属ナノ粒子触媒 -構造と触媒作用及び設計法-(13:00-14:45)
 大阪大学大学院基礎工学研究科 准教授 満留 敬人 氏
7. 触媒調製化学 -基礎から最近のナノ構造触媒まで- (15:00-16:45)
 大阪大学大学院工学研究科 准教授 森  浩亮 氏
8.閉会挨拶 (16:45-17:00)
 大阪府立大学大学院工学研究科 教授 松岡 雅也 氏

【参加費及び定員】

参加費(参考書、講義資料代、消費税込) (両日参加)
触媒・表面部会法人会員 22,000円
協賛団体会員 27,000円
近畿化学協会特別会員触媒学会 団体会員日本化学会 法人会員,
化学工学会 法人会員有機合成化学協会 法人会員日本分析化学会 維持会員
一般 37,000円
学生 6,000円

(1日のみ参加)
触媒・表面部会法人会員 12,000円
協賛団体会員 17,000円
一般 27,000円
学生 6,000円
定員 50名

申込について

申込締切 9月25日(火)
申込方法 HP http://www.kinka.or.jp/form/view/index.php?id=5 よりお申込み頂くか、
必要事項(氏名、勤務先、部署名、連絡先(住所, TEL, E-mail)、参加日、懇親会参加の有無、請求書の有無、(※領収書は必要な場合にのみ記載)、参加費送金日・送金手段を明記の上、FAXまたはE-mailにてお申込下さい。

参加費は現金書留または銀行振込〈三井住友銀行備後町支店・普通預金No.1329441
一般社団法人近畿化学協会〉 にてご送金下さい。
(振込手数料は参加者でご負担願います。)
申込先 〒550-0004大阪市西区靭本町1-8-4 近畿化学協会触媒・表面部会
TEL:06-6441-5531/FAX:06-6443-6685/E-mail:catal@kinka.or.jp
OKCAT2018(Osaka-Kansai International Symposium on Catalysis) 

一般・学生参加歓迎

日時 平成30年10月26日(金)、27日(土)
会場 関西大学 尚文館1階 マルチメディアAV大教室
(〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 TEL:06-6368-1121)
交 通:(1)阪急電車千里線、または地下鉄堺筋線(阪急電車相互乗入れ)北千里行で「関大前」駅下車、(2)地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅で阪急電車北千里行に乗換え「関大前」駅下車、
北出口より徒歩10分。

詳細

プログラム PDF版(日本語)
HTML(English)

10月26日(金)

10 : 00 - 10 : 10 開会挨拶
10 : 10 - 11 : 30 ショートトーク(ポスター発表の内容紹介)
11 : 30 - 12 : 30 ランチ
12 : 30 - 13 : 00 ポスター発表(26日、27日の2日間通して掲示発表)
13 : 00 - 14 : 00 <Plenary>“Process Intensification in Catalytic Reaction Engineering”
Satoru NISHIYAMA Professor, Kobe University
14 : 00 - 14 : 20 <Keynote>“Selective Alcohol Oxidation via TiO2-Interfacial Surface Complex under Visible-light Irradiation”
Shinya HIGASHIMOTO Professor, Osaka Institute of Technology
14 : 20 - 14 : 40 休憩
14 : 40 - 15 : 40 <Plenary>“Development of Quantum Dots for Photovoltaic and Biological Application”
Jia-Yaw CHANG Professor, National Taiwan University of Science and Technology
15 : 40 - 16 : 00 <Keynote>“Efficient CO Production from CO2 and H2O by the Aid of Artificial Photosynthesis”
Kentaro TERAMURA Professor, Kyoto University
16 : 00 - 16 : 20 休憩
16 : 20 - 17 : 20 <Plenary>“Water Gas Shift Reaction over Au/MoC Catalyst”
Ding MA Professor, Peking University
17 : 20 - 17 : 40 <Keynote>“Surface-modified Metal Sulfides as Stable H2 Evolving Photocatalyst in Z-scheme Water Splitting System with [Fe(CN)6]3-/4- Redox Mediator under Visible Light Irradiation”
Masanobu HIGASHI Professor, Kyoto University
18:00 - 交流会

10月27日(土)

9: 30 - 10 : 30 ポスター発表(26日、27日の2日間通して掲示発表)
10 : 30 - 11 : 30 <Plenary> “Inorganic Semiconductors-based Z-scheme Overall Water Splitting by Particulate Photocatalysis”
Fuxiang ZHANG Professor, Dalian Institute of Chemical Physics
11 : 30 - 11 : 45 <Invited>“Development of Visible-Light-Responsive Metal-Organic Framework Photocatalysts Directed to Water Splitting Application”
Yu HORIUCHI Professor, Osaka Prefecture University
11 : 45 - 12 : 00 <Invited>“Photocatalytic Reactions over Metal Plasmonic Photocatalyst under Irradiation of Visible Light”
Atsuhiro TANAKA Professor, Kindai University
12 : 00 - 13 : 00 ランチ
13 : 00 - 13 : 30 ポスター発表(26日、27日の2日間通して掲示発表)
13 : 30 - 14 : 30 <Plenary>“Tuning the Low Temperature Catalytic Activity of Cu-SSZ-13 over NO SCR: Control of Al Content and Acidity”
Sung June CHO Professor, Chonnam National University
14 : 30 - 14 : 50 <Keynote>“Design of TiO2-based Thin Film Photocatalysts for Superhydrophilic and Superhydrophobic Coatings”
Takashi KAMEGAWA Professor, Osaka Prefecture University
14 : 50 - 15 : 05 <Invited>“Design of Fe-typed Layered Double Hydroxide for Degradation of Organic Pollutants by Fenton Process”
Kojiro FUKU Professor, Kansai University
15 : 05 - 15 : 20 <Invited>“In-situ XAFS Observation of Hydrogen Atoms Adsorbed on Platinum Nanoparticles in Propylene Hydrogenation”
Akira YAMAMOTO Professor, Kyoto University
15 : 20 閉会式

参加登録費

種別 参加費
部会員・外国人 10,000円
一般 12,000円
学生・シニア*  2,000円 

  * 66才以上の方

発表申込について

締切日 9月28日(金)
申込方法 HP http://www.kinka.or.jp/form/view/index.php?id=34 よりお申込み下さい。
発表に関して
  • ポスター発表は、10月26日(金)、27日(土)の両日とも行って頂きます。
  • ポスターボードのサイズ 幅180cm×高さ90cm 1枚のボードをお二人で使用して頂きます。
  • ポスターセッションに先立ち、プロジェクターを利用して概要説明を2分30秒(交代時間を含めて)行っていただきます。(ショートトーク)
  • ショートトークは英語を推奨します。
  • ポスター発表は全て英語で記載してください。
  • 優秀なポスター発表を行った学生の方々に対して“Outstanding Research Award”(優秀研究賞)を授与します。10月27日の閉会式にて表彰します。

参加登録方法

締切日 10月12日(金)
申込方法 HP http://www.kinka.or.jp/form/view/index.php?id=3 よりお申込み下さい。
問合せ先 〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 近畿化学協会触媒・表面部会
TEL.06-6441-5531 / FAX.06-6443-6685 E-mail : catal@kinka.or.jp
「ナノ材料の表面分析講習」 ~一般参加歓迎~

【PDF版プログラム】

主催 近畿化学協会触媒・表面部会
協賛 近畿化学協会、触媒学会、日本化学会近畿支部、化学工学会関西支部、有機合成化学協会関西支部、日本分析化学会近畿支部
日時 平成30年11月15日(木) - 16日(金)
会場 関西大学第4学舎3号館4階3401教室
(〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35)
<交通>阪急電車千里線、または地下鉄堺筋線(阪急電車相互乗入れ)北千里行で「関大前」駅下車、地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅で阪急電車北千里行に乗り換え「関大前」駅下車、北出口より徒歩10分

【講演会】

演題および講師 □1日目(11月15日)
開会挨拶(9:45-9:50)
  京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 吉田 寿雄 氏
1. 表面分析概論 (9:50-10:30)
  関西大学環境都市工学部 教授 池永 直樹 氏
2. 組成分析(ICP,XRF,AAS)(10:35-11:20)
  大阪府立大学研究推進機構 講師 亀川  孝 氏
3. X線回折(XRD)(11:25-12:25)
  京都大学大学院工学研究科 助教 東  正信 氏
4. X線吸収微細構造(XAFS)(13:30-14:30)
  京都大学学際融合教育研究推進センター 助教 朝倉 博行 氏
5. 紫外可視・光ルミネセンス(UV-vis,PL)(14:35-15:35)
  京都大学大学院人間・環境学研究科 助教 山本  旭 氏
6. 赤外・ラマンスペクトル(FT-IR,Raman)(15:40-16:40)
  関西大学環境都市工学部 助教 福 康二郎 氏
7. 昇温スペクトル(TPD,TPR)(16:45-17:45)
  京都大学大学院工学研究科 准教授 寺村 謙太郎 氏
懇親会(18:00-19:30) (於:不二家食堂(第2学舎2号館))

□2日目(11月16日)
8. 電子スピン共鳴(ESR)(9:30-10:30)
  大阪府立大学大学院工学研究科 教授 松岡 雅也 氏
9. 核磁気共鳴(NMR)(10:35-11:35)
  大阪大学大学院基礎工学研究科 准教授 水垣 共雄 氏
10. 光電子分光法(XPS,UPS)(11:40-12:40)
  大阪府立大学大学院工学研究科 助教 堀内  悠 氏
11. 顕微鏡(TEM・SEM・STM・AFM)(13:40-14:40)
  近畿大学理工学部 助教 田中 淳皓 氏
12. 質量分析(MS)(14:45-15:30)
  神戸大学先端融合研究環 助教 谷屋 啓太 氏
13. 総論・ケーススタディー(15:35-16:35)
  大阪市立大学複合先端研究機構 教授 吉田 朋子 氏
閉会挨拶(16:35-16:40)
  京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 吉田 寿雄 氏

【参加費】

参加費 (両日参加)
触媒・表面部会法人会員 25,000円
共催団体会員 30,000円
一般 40,000円
学生 8,000円

(1日のみ参加)
触媒・表面部会法人会員 15,000円
共催団体会員 20,000円
一般 30,000円
学生 8,000円
(上記、テキスト代、講義資料、消費税込)

申込について

申込締切 10月29日(月)
申込方法 HP http://www.kinka.or.jp/form/view/index.php?id=2 よりお申込み頂くか、必要事項(氏名、勤務先、部署名、連絡先(住所・TEL・E-mail)、参加日、懇親会参加の有無、請求書の有無、(※領収書は必要な場合にのみ記載)、参加費送金日・送金手段を明記の上、FAXまたはE-mailにてお申込下さい。
参加費は現金書留または銀行振込〈三井住友銀行備後町支店・普通預金No.1329441 一般社団法人近畿化学協会〉 にてご送金下さい。
(振込手数料は参加者でご負担願います。)
申込先 〒550-0004大阪市西区靭本町1-8-4 近畿化学協会触媒・表面部会
TEL:06-6441-5531/FAX:06-6443-6685/E-mail:catal@kinka.or.jp
第2回キャタリストクラブ例会

※例会へのご参加は部会員に限らせて頂いております

日時 平成31年1月11日(金)14時30分-19時
会場 大阪大学中之島センター7階 講義室702
(〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53 電話 06-6444-2100)
交 通:京阪中之島線「中之島駅」(6番出口)・「渡辺橋駅」(2・3番出口)より徒歩約5分。または
阪神本線「福島駅」・JR東西線「新福島駅」より徒歩約9分、JR環状線「福島駅」より徒歩約9分。

【講演会】(14:30~16:40)

演題および講師
  1. 「PCB問題への取り組み」(14:30-15:30)
       株式会社かんでんエンジニアリング フェロー 大野 正之 氏
     
  2. 「水分解光触媒による水素製造の最近の進展」(15:40-16:40) 
       信州大学環境・エネルギー材料科学研究所・特別特任教授 
       東京大学大学院工学系研究科・化学システム工学専攻 教授
                         堂免 一成 氏
懇親会
(17:00~19:00)
会 場:同センター 9階 サロン・ド・ラミカル交流サロン
(会費2,000円・当日会場にて頂戴致します)

申込について

締切日 12月25日(火)
申込方法 HP http://www.kinka.or.jp/form/view/index.php?id=4 よりお申込み頂くか、
FAXかE-mailにて事務局宛お申込下さい。(懇親会参加有無もご明記下さい)
申込先 〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 近畿化学協会触媒・表面部会
TEL.06-6441-5531 / FAX.06-6443-6685 E-mail : catal@kinka.or.jp

過去の行事はこちらをご覧ください。http://www.kinka.or.jp/catalytic/old.html