第64回有機金属化学討論会 発表申込

HOME | 会場案内 | 参加登録 | 発表申込 | 問い合わせ先

発表形式

ポスター発表,または口頭発表

  1. すべての発表申込はまずポスター発表として受け付け,その中から口頭発表を実行委員会より依頼致します。
  2. 口頭発表は1件20分(発表14分,質疑応答5分,交代1分)。ポスター発表については,ショートトーク<1件1分10秒(発表1分,交代10秒),パワーポイント形式でA4サイズ2枚以内,ファイルはPDF形式に変換の上,事前に提出>を依頼致します。
  3. 申し込みは1研究室につき3件以内で,共同研究もこれに含まれることが望ましい。また発表は1名1件に限ります。
  4. 研究発表はポスター,口頭発表とも十分に討論を行うために上級研究者(学生の口頭発表の場合はD2以上)が望ましい。
  5. プログラム編成は,討論会実行委員会にご一任ください。

発表申込方法

下記からお申し込み下さい。締め切り:5月15日(月)

  • 発表申込と同時にグラフィカルアブストラクトを送付するようになっています。
    お申し込みの前に研究内容の図を作成して下さい。
  • 申し込み内容から討論会プログラムを作成します。
    そのため,発表申込後の「研究題目(英文,和文とも)」および「研究者(順位を含む)」の変更はできません。
    発表申込時に熟慮,決定下さい。また,入力時に誤字、脱字がないよう十分留意下さい。
  • サイズ:横17.5cm 縦5cm,500KB以下
  • 形式:TIFF,GIF,JPEG等(ウィンドウズのマシンで作業致します。)
  • ファイル名:研究室名+発表順位(例:近化研究室から4件中3位ならば,『近化3』のように)
  • 申込終了後,確認のメールが登録アドレスに届きますので、もう一度登録内容の確認をお願いします。
  • メールテキスト上で文字化けがあっても、データは正しく送信されておりますのでので、ご安心ください。問題がある場合は、事務局からお問合せいたします。
  • メールが届かない場合は迷惑メールに振り分けられている可能性がございますので、迷惑メールボックスのご確認をお願いいたします。
  • 迷惑メールボックスにも届いていない場合はメールアドレスの入力ミスが考えられます。
  • メール不着の場合、または内容に修正のある場合は、送りなおさず、 om64[@]mtg-officepolaris.com ( [@]は @ に入力しなおしてください)に問い合わせて下さい。(再度申し込みをされると二重登録になる可能性があります。)
    なお,発表申込以外の問合せは om [@] kinka.or.jp にお問合せください。


    申込ページからデータを入力した後、確認画面が表示されますが、確認画面に移ってから、送信しないで時間を置いてしまうと、通信が切れて登録内容が送信されません。時間を置いてしまった場合は、いったんフォームの画面に戻り、再度登録をしてください。

     <インターネット申込ページへ> *発表申込みの受付は5月15日(月)を持って終了致しました。

発表申込をされた方へ

発表申込をされた方については,5月下旬に発表番号,予稿原稿作成上の注意事項等の書類を発送致します。
発表番号は,申し込み時にご記載頂きましたメール宛にもお知らせします。発表番号通知文書以外はHPからも閲覧することができますので予稿原稿の作成を進めてください。
なお,申込をしたにも関わらず書類が届かない方は,下記までご連絡ください。
また,発表された方は必ず参加登録を行ってください。

連絡先アドレス:om[@]kinka.or.jp
( [@]は @ に入力しなおしてください)

5月下旬発送の文書  *発表番号通知文書以外

予稿原稿受付期間:6月1日(木)-7月3日(月)必着
参加登録予約申込締切:8月7日(月)
ポスター発表者の方
 ショートトークの諾否返答締切:6月22日(木)
 ショートトーク用講演ファイル送信受付期間:8月8日(火)-8月25日(金)必着

予稿原稿

ホームページより予稿原稿のファイルを送信してください。

発表申込者には5月下旬に発表日時をお知らせし,原稿執筆要領をお送りします。

原稿執筆要領を必ずご確認頂いた上で,テンプレート(http://www.kinka.or.jp/om/discussions/images/om_template2017.doc)をダウンロードし,Microsoft Wordを使用して,テンプレート内の指示に従って原稿を作成して下さい。(A4 1枚)
作成後,PDF形式に変換したファイルを,6月1日(木)-7月3日(月)必着 の間にご提出ください。

重 要
予稿原稿執筆時の不注意によるミスが多く見られます。予稿原稿の査読会では簡単な体裁の確認のみを行っています。必ず,原稿にミスが無いことを入念に確認してからファイルを送信して下さい。予稿原稿の不都合は著者の責任となります。
  • 予稿集記載のプログラム,Author Index,参加者に配布される日本語プログラムは,発表申込時点の入力データを用いてすでに作成いたしました。発表申込内容は「発表番号のお知らせ」に記載されています。
  • よって,予稿原稿作成時に,研究題目,研究者などの申込内容の変更は出来ません。
  • 予稿原稿提出時にこれらを変更された場合の不都合(プログラム,Author Indexと予稿原稿との不一致等)は著者の責任となります。
  • 発表申込時の研究題目,研究者のスペルが誤っていた場合などは,発表番号を明記して至急にメールでご連絡ください。
  • PDF形式に変換する際には,必ずフォントの埋め込みを行ってください。
  • ファイル名は,講演番号.pdf(例: O2-01.pdf)としてください。
  • 予稿集はモノクロで印刷いたします。薄い色を用いたカラー原稿をご提出いただきますと、大変見にくくなります。提出前に必ずモノクロ印刷にてご確認下さい。
  • 予稿原稿を送信する前に,「研究題目」,「研究者」が発表申込内容と同じであることを再度必ず確認して下さい。これらの変更はできません。
  • 申込内容に関するお問い合わせは,発表番号を明記してメールでお願いします。
    連絡先アドレス:om[@]kinka.or.jp
    ( [@]は @ に入力しなおしてください)

<予稿原稿ファイル送信ページへ>  *提出の締め切り日は7月3日(月)のため閉鎖しました

ポスター発表の方へ

ショートトークの諾否

ポスター発表者にはショートトークのお願いをしております。
<1件1分10秒(発表1分,交代10秒),講演原稿2枚以内>
発表は1分以内でお願いします。
なお、パソコンの操作は会場担当係が行います。
諾否を6月22日(木)までに別紙に記入の上Fax頂くか,下記Webよりご返答下さい。

<ショートトーク諾否入力ページへ> * 諾否ご連絡の期間は終了致しました。


ショートトーク 講演原稿ファイル送信に関して

発表内容を横書き2枚以内にまとめ,PDF形式に変換したファイルを,8月8日(火)-8月25日(金)の間にご提出ください。
PDF形式に変換する際には,必ずフォントの埋め込みを行ってください。
1枚目に,講演番号・講演題目・所属・発表者氏名をお書き下さい。
レイアウトは自由ですが,液晶プロジェクターを用いて4:3サイズのスクリーンに投影しますので,PowerPointなどのプレゼンテーションソフトを用いたファイル作成を推奨します。
ファイル名は,S64-講演番号.pdf(例: S64-P3-08.pdf)としてください。 ※ファイルのサンプル

<ショートトーク講演原稿ファイル送信ページへ> 
               *7月25日(火)より送信の受付を開始しました。締め切り8月25日(金)

ポスターの発表時間に関して

ポスターの発表時間は,発表番号の最後の数字が奇数の方は12:15-13:05,偶数の方は13:05-13:55となります。

ポスター掲示に関して

ポスターは発表される当日9時30分からご掲示下さい。
会場設営の都合上,前日から掲示することはできません。
またポスター発表時間終了後,掲示されましたポスターはすみやかにはずしてくださいますようお願い申し上げます。

ポスター掲示用パネルは,高さ 210cm,幅 90cmです。パネルは連結して設置しますので、横幅90cmを超えないようポスターを作成ください。
1)Title, Authors, Affiliation をタテ約 25 cm,ヨコ約 70 cm のサイズでご記入下さい。
2)左上に発表番号を掲示しますので,タテ6cm,ヨコ15cmの空白をあけて下さい。
*発表者ご自身が発表番号を入力される場合は,上記サイズの枠に,MS Pゴシック 120ポイント で記載してください。

口頭発表の方へ

口頭発表は1件20分(質疑,討論,交代時間を含む)。

口頭発表に際しての機材について

液晶プロジェクターをご利用頂きます。

口頭発表者の方は,VGAタイプ(D-sub 15ピン)の外部モニタ出力端子を備えたノートパソコン1)を各自ご用意下さい。
スクリーンセーバー,節電機能の設定2),パソコン画面の解像度3)にもご注意下さい。
 またご講演当日でなくてもかまいませんので早めに(朝の講演開始前や昼休み等),会場で実際に接続して出力に問題がないことをご確認下さるようお願い申し上げます。
パソコン等のトラブルに備えて,発表ファイルをUSBメモリに保存してお持ち頂くようお願い致します。会場に備え付けのパソコンは「Windows + PowerPoint 2013」を予定してます。PDFから映写することも可能です。Macintoshをお使いの方は,PPTファイル内容を正常に表示できない場合がありますので,PDF化したファイルをご持参いただくことをお勧めします。
ご持参頂くUSBメモリは,必ず事前にウイルスチェックをお願いします。また,Windowsパソコンで読み込み可能であることをご確認下さい。Mac OS 専用にフォーマットされたUSBメモリは使用できませんので,ご注意下さい。

1)一般的な外部CRTモニタに接続&表示できれば基本的には問題ありません。WindowsでもMacでも構いませんが,一部メーカーの製品ではアダプタが必用であったり,小型ノートパソコンの一部では外部モニタ出力機能がないものが存在しますのでご注意ください。
2)短時間でスクリーンセーバーや節電機能が働くような設定にしてあると講演中にスクリーンセーバーの画面になったり暗転したりすることになりますので,設定をオフにするか開始までの時間を1ページの説明にかかる最大時間より十分に長く(10分程度以上)しておいてください。
3)パソコン画面の解像度は,1024×768に設定して下さい。(どのOSでも同様です。)

その他

有機金属化学討論会 発表証明について