ビニル部会要綱

Division of Polymer Sciences


部会長:圓藤紀代司(大阪市立大学工学部)  部会員数 103名


最新情報

次回例会案内(例会へのご参加は部会員の方に限らせて頂いておりますので、予めご了承下さい)

平成18年度事業予定

ビニル部会「中国視察団」


平成17年度事業予定

第3回例会
日 時 3月29日(水)14時30分〜17時
会 場 総評会館 4階404号室
(東京都千代田区神田駿河台3-2-11 TEL03-3253-1771)
<交通>JR中央/総武線「お茶の水」駅下車、聖橋出口より徒歩約5分

◇プログラム◇
1.「塩化ビニル樹脂の現状と将来展望」(14:30〜15:30)大阪市立大学大学院工学研究科 圓藤 紀代司 氏
2.「塩ビを取巻く国内外の動向」(15:40〜16:40)塩ビ工業・環境協会専務理事 西出 徹雄 氏
3.総合討論 (16:40〜17:00)

問合せ・申込先
〒550-0004 大阪市西区靱本町1-8-4(大阪科学技術センター)
社団法人近畿化学協会ビニル部会
TEL:06-6441-5531 / FAX06-6443-6685
e-mail:mail@kinka.or.jp

第2回例会
日 時 : 11月21日(月)14時〜17時
会 場 : 日本山村硝子潟vラスチックカンパニー関西工場
(兵庫県加古郡播磨町新島43-2 TEL0794-35-5801)
〈交通〉JR山陽線「土山駅」下車、タクシー10分

(1)会社概要および見学工場の概要説明
(2)見学および質疑応答(1時間)
  見学内容:プラスチック成形工場(PETボトル)
(3)講演:「PETボトルの最近の動向」(45分) 日本山村硝子
(4)質疑応答

第56回ポリ塩化ビニル(PVC)討論会
日 時 12月2日(金)10時〜16時40分  
会 場 大阪市立大学文化交流センター ホール

【研究発表】(10:05〜11:25)
1.「種々遷移金属による塩化ビニルの重合」         
(阪市大院工)○土屋嘉克、野間口強、圓藤紀代司
2.「正規構造より成るポリ塩化ビニルの熱分解挙動」
(阪市大院工)○圓藤紀代司、江守宣佳、野間口強               
3.「イオントラップLC/MSによる乳化剤の分析」
(カネカテクノリサーチ)○尾崎祐人、出口義国
招待講演1 (11:30〜12:30)
  「塩ビ系樹脂の有用性とそのグローバリゼーション」(カネカ)一色 実
招待講演2 (13:30〜14:30)
  「塩ビのリサイクル技術について」(徳山積水工業)谷田雅洋   
【研究発表】(14:40〜15:25)
4.「高分子発泡技術開発の現状とPVC発泡への展開」(三菱化学科学技術研究センター)○白山太一、石川 健
5.「PVCゲル化による成形加工性への影響」(大洋塩ビ)○榎本真久、坂井靖嗣、田中利彦 
招待講演3 (15:40〜16:40)
  「第3回プラスチックのフィードストックリサイクルに関する国際シンポジウムに参加して」(カネカ)阪内孚史

第1回例会
日 時 : 5月11日(水)14時より
会 場 : 大阪科学技術センター6階601号室

1.「膜構造建築物用高分子材料」(14:00〜15:00)太洋工業梶@空間技術研究所主事研究員 豊田  宏 氏
2.「視点を変えてポリ塩化ビニルを見直してみられたら」 (15:15〜16:15)大阪工業大学名誉教授 藤原 秀樹 氏
3.総合討論 (16:15〜16:30) 

申 込 先 〒550-0004大阪市西区靭本町1-8-4 (社)近畿化学協会ビニル部会
       TEL.06-6441-5531/FAX.06-6443-6685/E-mail:mail@kinka.or.jp

平成16年度事業予定

第3回例会
日 時 3月28日(月)14時〜17時
会 場 総評会館 4階404号室
(東京都千代田区神田駿河台3-2-11 TEL03-3253-1771)
<交通>JR中央/総武線「お茶の水」駅下車、聖橋出口より徒歩約5分

◇プログラム◇
1.「最近の話題」(14:00〜14:40)大阪市立大学大学院工学研究科 圓藤 紀代司 氏
2.「脱鉛安定剤の最近の動向」(14:50〜15:30)堺化学工業(株)樹脂添加剤事業部 橋 秀行 氏 (辻本 英雄氏から変更になりました)
3.「塩ビサイディングの最新動向」(15:40〜16:20)大洋塩ビ(株)管理部 佐々木 慎介 氏
4. 総合討論 (16:20〜17:00)

問合せ・申込先
〒550-0004 大阪市西区靱本町1-8-4(大阪科学技術センター)
社団法人近畿化学協会ビニル部会
TEL:06-6441-5531 / FAX06-6443-6685
e-mail:mail@kinka.or.jp

第2回例会
日 時 :10 月28日(木)15時〜17時
会 場 : 大阪科学技術センター6階603号室

・「PVC recycling,including a survey of ECVM-activities in Europe」(15:00〜16:30)
(Universite Libre de Bruxelles (ブリュッセル自由大学)) Prof. Alfons Buekens
・総合討論 (16:30〜17:00)

第55回ポリ塩化ビニル(PVC)討論会
日 時 12月3日(金)10時〜16時40分  
会 場 大阪市立大学文化交流センター ホール

【研究発表】(10:05〜11:25)
1.「ハーフチタノセン系触媒による塩化ビニルの制御重合」         
(阪市大院工)○野間口強、圓藤紀代司
2.「超音波照射による乳濁系での固体ポリ塩化ビニルと酢酸ビニルの共重合反応」
(大阪工大)○藤原秀樹、野澤正明               
3.「PVCのグラフト共重合化による無可塑化効果」
(カネカ)○野口貴三郎、桑畑光良、河内俊人、亀谷英行                     
招待講演1 (11:30〜12:30)
  「塩ビ混入プラのケミカルリサイクル技術開発の現状と課題」(塩ビ工業・環境協会)梶山裕久
招待講演2 (13:30〜14:30)
  「老朽管路更生用塩化ビニル製部材の材料・成形技術」(積水化学)中村伸吾                       
【研究発表】(14:35〜15:25)
4.「PVCのゲル化による成形加工性への影響」(大洋塩ビ)○榎本真久、田中利彦 
5.「硬質PVC用Pbフリー安定剤の開発」(旭電化)兄部真二、 ○三寺太朗
招待講演3 (15:40〜16:40)
  「塩ビの中国事情」(三井物産)上田 聡

第1回例会
日 時 : 5月14日(金)14時より
会 場 : 大阪科学技術センター6階602号室

1.「PVCのゲル化と成形加工性」(14:00〜15:00)藤山ポリマーリサーチ 所長 藤山 光美 氏
2.「塩ビサイディングの最新動向」 (15:15〜16:15)大洋塩ビ 管理部長付部長 佐々木慎介 氏
3.総合討論 (16:15〜16:30) 

申 込 先 〒550-0004大阪市西区靭本町1-8-4 (社)近畿化学協会ビニル部会
       TEL.06-6441-5531/FAX.06-6443-6685/E-mail:mail@kinka.or.jp

平成15年度事業報告

<平成15年4月1日〜平成16年3月31日>

第1回例会・5月9日・大阪科学技術センター(36名)
1.「安定剤の最近の動向」旭電化工業且脂添加剤開発研究所 中沢 健二 氏
2.「PVCの技術動向」鐘淵化学工業渇サ成事業部技術グループ 一色  実 氏
3.総合討論

第2回例会・10月15日・ダイキン工業蒲ю製作所(12名)
1.工場見学
2.「フッ素樹脂の最近動向」ダイキン工業 化学事業部樹脂開発部 藤田 英二氏

第54回ポリ塩化ビニル(PVC)討論会・12月5日・大阪市立大学文化交流センターホール(71名)
【研究発表】
1.「ハーフチタノセン触媒による塩化ビニルの重合」(阪市大院工)○野間口強,圓藤紀代司                
2.「PVC系/クレー系ナノコンポジットの可能性について」(2)(大洋塩ビ)○榎本真久、田中利彦、(山形大工)栗山 卓、井上 隆 (クニミネ工業) 榎戸洋之、鈴木啓三、中村武司     
3.「超音波照射による不均一系におけるポリ塩化ビニルとポリ酢酸ビニルのメカノケミカル反応」 (大阪工大)○藤原秀樹、太田 学
4.「PVC用耐候耐衝撃改良剤のIZOD強度」(鐘淵化学)〇寺田 徹、永田巨雄、角倉 護 
5.「塩ビ管の回収システムとリサイクル塩ビ三層管の開発」  (クボタ)井上 勇
【招待講演】
1.「フタル酸エステルの安全性研究の現状」 (三菱化学安全科学研究所) 加藤 正信氏
2.「各種プラスチックの燃焼生成ガスについて」(プラスチック&環境ラボラトリー)牧野 哲哉氏
3.「PVC生産技術の進歩」(チッソ)内田 誠一氏

第3回例会・3月19日・総評会館(32名)
1.「電線被覆材リサイクル技術の現状と課題」 (社)電線総合技術センター 後藤 和彦氏
2.「PVC生産技術の進歩」チッソ轄総ロ部主席企画員 内田誠一氏
3. 総合討論

以上